チーチェンの日記

転職と中国移住を中心に日頃感じたことを書いています。

「やりたい事」に正解はない

よく「〇〇がしたい」という人に対して、あれやこれやと批判したり、後ろ向きな事を言ったりする人がいます。

 

「転職がしたい」-「今の会社の待遇が良いんだからやめときな」

 

「海外で生活したい」-「日本が一番暮らしやすいんだからやめときな」

 

「芸人になりたい」-「そんな不安定な職業やめときな」

 

ただ私が思うに、「〇〇がしたい」「〇〇になりたい」というのは、もはやロジックの問題ではなく、その人がどう考え・どう思うかという問題です。

 

そしてそれはもはやその人の自由です。

 

他の人からサポートを受けたり、他の人に迷惑をかけたりしない限り、他の人がどうのこうの言う筋合いはありません。

 

「〇〇がしたい、以上」なのです。

 

「〇〇をしたい」と考えに至ったのには、自分からは見えないだけ、その人なりに考えた事、感じた事があったのでしょう。

 

本人がそう考えるのであれば、そこに理由なんて要らないのです。

 

その代わりに、その選択の結果は全て自己責任。

 

少なくともその覚悟は必要です。

 

ですが、そこに対してとやかく言う資格も必要もない以上、どうせならその決断を前向きに応援した方が建設的だと思います。

 

その人はあなたの意見が聞きたい訳ではなく、自分の決断を後押ししてほしいだけかもしれません。

 

そうやってただ後押して勇気を与えるだけでも、気持ちよく挑戦する事ができます。

 

仮に思い通りの結果にならなくても、それもまた良い経験になるでしょう。

 

それも含めて、うまく行っても行かなくても、全てその人が責任を負うのです。

 

そして人は、他人の事をとやかく言うのではなく、もっと自分がしたい事・やりたい事に集中し、エネルギーを注ぐべきだと思います。

 

自分のやりたい事に挑戦しながら、他の人のやりたい事に対しても応援できる。

 

そんな人がどんどん増えると良いな、と思います。