チーチェンの日記

転職と中国移住を中心に日頃感じたことを書いています。

他人に期待しない生き方

どうも、チーチェンです。

 

今日は私がずっと抱いている、人生が楽になる考え方について書こうと思います。

 

それは「他人に期待しない」ということです。

 

いきなり聞くと、何だか冷めた寂しいヤツのように聞こえますが、そういうつもりはありません。

 

ただ、人は他人に期待して期待通りにならなかった場合、怒ったり悲しんだりします。

 

それが私には何だか不毛に思えてなりません。

 

なぜなら他人はコントロールできないし、そもそもコントロールするべきではないからです。

 

勝手に期待して、勝手に裏切られて、勝手に怒って、勝手に悲しんで。

 

コントロールできないものの結果に一喜一憂するのは、精神衛生上良くありません。

 

人はコントロールできないものに対してストレスや不安を感じたりします。

 

期待をするから落ち込むのです。

 

期待される方もいい迷惑です。

 

なので私は、そもそも他人に期待しない、という風に考えています。

 

期待をしなければ落ち込みません。

 

むしろ結果的に自分が望んだ結果となればラッキー、とさえ思えます。

 

そしてコントロールできない他人にエネルギーを割くのではなく、自分がコントロールできることにもっと集中するべきだと思います。

 

以前、コントロールできる自分のリソースに集中すべきという記事を書きましたが、この考え方とも関連しています。

 

 

chichen.hatenablog.com

 

 

自分がコントロールできることを見極めることで、だいぶ心はスッキリすると思います。

 

同時に、これまで意外と自分は無駄なことにエネルギーを費やしてしまっているのだと気づきます。

 

なぜならこの世の中、たいていのことはコントロールできないものでできているから。

 

約束を破られて落ち込んだり、他の人の悩みや愚痴を聞いてどんよりしたり、世の中で起こる悲しいニュースを聞いてショックを受けたり。

 

それは、心のどこかでこうあるべきだと思い浮かべる期待と現実が乖離し、心がダメージを受けるため。

 

ただ実際に、自分が今すぐにどうかできることはほとんどありません。

 

そして、そういった自分が今すぐにはどうしようもできないことに対して、不必要に落ちこだんり暗くなったりして、エネルギーを消耗する必要はないのです。

 

人や世間に興味を無くすべきという訳ではなく、常に自分のコントロールできることにエネルギーを使うべきなのです。

 

そして自分がコントロールできる事象に集中して初めて、自分が思う望ましい結果に近づけるのだと思います。

 

決してこの考え方が100%正しいとは思いません。

 

ただ、他人には期待しないという考え方は、間違いなく人生が楽になる考え方の一つだと思います。