チーチェンの日記

転職と中国移住を中心に日頃感じたことを書いています。

人が持つ4つのリソースを管理して、人生を前向きに

どうも、チーチェンです!

 

日系企業に勤める社会人3年目♂です。

 

社会人になって経済的に独立してから、生活のほぼあらゆることを自分で決められるようになりました。

 

それはつまり何をするにも自由ということ。

 

自分を律した生活をするのもよし、自堕落な生活をするのもよし。

 

完全に個人次第です。

 

ただ、どうせ過ごすならやりたいことをして、充実した日々を過ごしたい!

 

一人暮らしを始めて、私はワクワクしながらそういう思いを抱いていました。

 

ただ、そのためには自己管理をしっかりしなければなりません。

 

では、自己管理とは何なのか。

 

それは、人が持つ4つのリソースを管理することだと私は考えます。

 

その4つのリソースをうまく管理できれば、目標ややりたいことに集中できるようなります。

 

今日は私の考える、人が持つ4つのリソースとその管理方法について書いていきたいと思います。

 

人が持つリソース①:お金

一つ目はお金。

 

お金って大切ですよね。

 

私は以前、財布にお金があれば気づけば使ってしまうというほど、お金には無頓着でルーズでした。

 

毎月いくら使っているのかなんて気にもしませんでした。

 

ただ、社会人になってからは、しんどい思いをして稼いだのに何に使っているのか分からないのはさすがにまずいと思い、家計簿をつけるようになりました。

 

最初は家計簿アプリを使っていましたが、何だか微妙に使いづらく不便に感じてしまいます。

 

そこで私はエクセルで管理するようになりました。

 

毎日何にいくら使ったかを記入するのはもちろん、毎月の固定費はいくらか、口座や決済アプリや財布にはいくらあるのかも記録しています。

 

フォーマットも改良に改良を重ね、今では1日の終わりに30秒程度でサクッと入力して管理できるようになっています。

 

こうして今の全財産と日々の収支を管理することで、将来いつまでにいくら貯まっているのか予想がつきます。

 

そして、将来何かしたいことがあり、お金が必要となったときにそれがすぐできるのか、どれくらいでできるのかが分かります。

 

私の場合、中国転職を考えており、そのために必要な軍資金がいくら拠出できるかをすぐ把握することができます。

 

いずれにせよ、現状把握することで将来の選択肢が見極められ、人生設計がしやすくなると思います。

 

将来の人生を考える上で、エクセルで細かく管理まではいかなくとも、やりやすい何らかの方法で自分の収支について大体把握することは重要だと思います。

 

人が持つリソース②:時間

時間は誰にでも平等に24時間あります。

 

そして、何をするにも時間はかかります。

 

私は本当に自分がしたいことに時間を割くようにしています。

 

昔は意味もなく会社の同期と週に2-3回は飲みに行き、夜は帰って寝るだけという生活をしていました。

 

最初は楽しいのですが、途中から同じようなことを繰り返していた気がします。

 

それでも時間だけは過ぎていきます。

 

そしてどこかで漠然とやりたいと思っていたことを後回しにしていました。

 

このままでは同じような日々の繰り返しで人生が終わってしまう。

 

そう思った私は、本当に自分がしたいことは何なのかに優先順位をつけ、優先度の高いものにしっかり時間を割り振るようにしました。

 

そして時間自体を捻出するために、無駄なことをあまりしなくなったり、あまり意味のない人付き合いを少なくしていきました。

 

その代わり、大切な人と過ごす時間ややりたいことをする時間は、しっかり確保できるようになり、ほとんど毎日充実した時間を過ごせるようになっています。

 

人が持つリソース③:体力

体力も、人が持つリソースの一つだと思います。

 

もちろんどれくらい体力があるかは人それぞれです。

 

なので、今の自分の体力を見極め、自分がしたいことにしっかり体力を使えるようにすることが大切です。

 

大体どれくらいの体力があり、その日・その週の予定が自分の体力の上限を超えないか。

 

時間はあっても、二日酔いや前日までのハードワークで、その日体力が残っていなければ意味はありません。

 

できるだけ無駄な体力を消費しないよう、通勤時間・漫然とした残業・意味のない飲み会など、どこかで体力を無駄遣いしていないかを見直す必要があります。

 

そして睡眠時間も大切です。

 

私は常にハイパフォーマンスを発揮するのに、夜の23時までには寝てそこから7-8時間の睡眠をとっています。

 

そのことを頭に入れて日々計画を決めています。

 

たまに仕事関係や大切な友人との飲み会などで遅くなることはありますが、その場合も次の日やその週はゆったり過ごすようにしています。

 

本当にやりたいことに体力を残すことは心がけたいものです。

 

人が持つリソース④:気力

最後の一つが、気力です。

 

気力とは、何かを決めるための力、という意味です。(あくまで私の定義)

 

目が覚めて今起きるのか、二度寝するのか、どんな服を着るのか、何を食べるのか。

 

日常には無数に決めることがあります。

 

そしてそれを決めるための力というのは、私の経験上、有限です。

 

1日の終わりには考える力がなくなっていたり、弱まったります。

 

そして気力が弱いと、質の低い意思決定をすることになってしまいます。

 

そのため、私はできるだけルーティンを作ったり、そもそも決める必要のないようにして、気力を節約しています。

 

部屋着はこれ、外着はこれ、仕事がある日の昼食はこれ、寝る時間・起きる時間はこれ。

 

家にモノ自体も少ないです。

 

モノがあると、それを片付けたり管理したりするのに、小さいですが意外と気力を使ってしまうからです。

 

そして気力を節約するで大切なのは、そもそも自分が決められないことは考えない・悩まない、ということです。

 

やりたいことを達成するためにも、気力は大切なリソースの一つなのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

これは持論ですが、人は自分がコントロールできることに集中するべきだと思います。

 

そして人がコントロールできる自分のリソースが、お金・時間・体力・気力。

 

私は日々これらの4つのリソースを意識しているようにしています。

 

これらのリソースはうまく配分し最適に割り振ることで、人は自分のやりたいことを達成したり、目標にグッと近づけたりするのではないでしょうか。

 

何か共感できたり思うことがございましたら、コメントで教えて頂けると幸いです!